« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月22日 (日)

GW中開館日のお知らせ

開館日
4月27日(金) 28日(土) 29日(日・祝) 30日(月・振休)
5月 3日(木・祝)  4日(金・祝) 5日(土・祝) 6日(日)

時間
13:00~17:00まで。

2007年4月17日 (火)

コーカサスオオカブトの標本を作ってみました。

GW特別企画でコーカサスオオカブトの標本作製教室を行います。そこで、教材に使う未展脚のコーカサスオオカブトの状態の確認を行うとともに見本用にコーカサスオオカブトの標本作製をしたので参考までにご覧ください。まず、未展脚品として販売されていて、筆者が買ってきたコーカサスの状態です。

Img_2078

                                              

                                            

                                             

                                                  

                                                  

赤ちゃんが布団にくるまっているみたいですね。

Img_2098                                            

                                         

                                           

                                                                                                                     

つつみ紙を丁寧に慎重にはがします。

Img_2089

                                                                   

                                                  

                                                 

                                                

                                                    

                                                  

触覚、脚(フセツ)、つめなどがとれていないか、欠けていないかチェックします。この写真の個体はどこもとれているところがない、いわゆる完品です。

Img_2083

                                                     

                                                 

                                                                                      

                                               

                                                

                                                    

これは脚がとれていた固体です。とれてしまったパーツは、あとでくっつけてなおすことができるので、なくさないように大事にとっておきます。

Img_2071_1

                                                  

                                                

                                                 

                                                

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

昆虫本体への針刺しと、軟化の過程は除きます。軟化とは乾燥した標本を展脚(展足)するためにやわらかくすることです。方法は甲虫、蝶など種類によってやり方は様々です。今回はお湯に浸けました。まずは手で出来るだけ形成をしてしまいます。その後にピンセットや針を使いながら細かく針で留めて(昆虫本体に刺すのではなく)調整していきます。図鑑をお手本にして、展脚(展足)しました。

Img_2074                                                      

                                                   

                                              

                                             

                                                

                                                  

                                                             右の前脚と中脚の取れていた部分を修理します。修理の方法も軟化と同様で様々です。左中脚は袋から出した時点でなかったので、修理できませんでした。今回のGW標本教室では壊れているコーカサスの標本のなおし方をその場で実演します。

Img_2107

                                               

                                               

                                               

                                              

                                                                     

                                                                                                                                                                                               

 針の本数が減っていますね。これは次の日の状態です。一日目の針を全部抜いて細かく調整していきます。きれいに出来たのでこれで展脚を終わりにします。上に見える紙はラベルです。これに採集地、採集年月日、採集者を書き込みます。これから3ヶ月ほど乾燥させます。いつ、どこで、採ったかわらなくなるといけないので、ラベルも貼っておきます。防虫剤と一緒にタッパーや菓子箱などいれ(乾燥させるために蓋はとじません)太陽の光が当たらない、風通しのよいところに置きます。

Img_2103_1

                                              

                                             

                                               

                                                 

                                                

                                                                                                                       

このような標本が今回、GW企画標本作製教室に参加すると作れます。                                                         

一応、見本のため乾燥はしていないのですが標本箱に入れてみました。左中脚がないのが残念ですが、やっぱり標本箱に入れるとかっこいいですね。

標本の形は、人それぞれだと思います。自分がカッコイイ、きれいだと思うように作れば良いでしょう。それより標本は、何百年と保存すること、実際にそこの採集場所に何年何月にいたというデータがもっとも重要です。

当館の標本作製教室では、標本作製とともに、標本の大切さ(なぜ標本にするのか)が学べます。興味のある方は、ぜひ受講しに来て下さい。        TAIKI

5月の催し物 GW特別標本教室

昆虫標本制作教室のご案内

GW特別 コーカサスオオカブトを標本にしてみよう。

Img_2103

                                                                 

                                          

                                       

                                         

                                         

                                                                         

昆虫標本入門教室実施要項
主催 日本昆虫協会
   日本アンリ・ファーブル会
小学生以上/先着順 定員10名
      お申し込み多数の場合は小学生を優先します。
開催日/
第11回:5月5日(土)お申し込み受付中です。

   時 間/13:30~ (開場は13:00、終了時間は途中休憩を含み16:00前後です。)
お申し込み・お問い合わせ

       日本アンリ・ファーブル会

       電話 : 03‐5815‐6464

       FAX:03-5815-8968

      又は日本昆虫協会HPまで

内 容/コーカサスオオカブトを材料に、昆虫標本の知識と作り方を学びます。
    初心者~中級者(肢などが取れてる場合は)向けです。
   ※自分の昆虫(甲虫)を持ってきて、標本を作ることもできます。

こちらも参考にしてくださいコーカサスオオカブト展足の様子。


会 費/5.000円
    昆虫(コーカサスオオカブト)、標本製作器具一式 木製標本箱(小形)付き
    当日会場でお支払い下さい。全て持ち帰れます。
場 所/虫の詩人の館 3階集会室

締 切/5月4日(金)までにお申し込み下さい。
    先着順です。定員に達した場合はその旨のメールをお送りします。

2007年4月16日 (月)

5・6月の催し物 特別講演

土日学級/特別講演のご案内
お申し込み受付中

5月12日(土)
「人は生き物を飼いたがる」木村 義志

5月19日(土)
「昆虫記の世界」奥本 大三郎

5月26日(土)
「読書はコミュニケーション」斎藤 美奈子

6月2日(土)
「ペットと外来生物」木村 義志

6月9日(土)
「文章はファッション」斎藤 美奈子

各回先着順定員30名
時間14:00~16:00
会費2.000円

講師略歴

奥本大三郎
(おくもとだいさぶろう)
1944年大阪府生まれ。東京大学大学院修了。フランス文学者。埼玉大学教養学部教授。日本昆虫協会会長。NPO日本アンリ・ファーブル会理事長。虫の詩人の館館長。著書に「完訳ファーブル昆虫記(集英社産経児童出版文化賞受賞)」「楽しき熱帯(集英社、サントリー学芸賞受賞)」「虫の宇宙誌(青土社、読売文学賞受賞)」「博物学の巨人アンリ・ファーブル(集英社)」など多数。


木村義志(きむらよしゆき)
1955年大阪府生まれ。日本大学農獣医学部卒業。生物飼育研究家。日本昆虫協会理事。著書に「生き物を飼うということ(筑摩書房)」「飼い 方観察完全ガイド・全8巻(学研)」「金魚がウチにやってきた (岩波書店)」「飼育と観察(学研)」「熱帯魚と水草(主婦の友 社)」など多数。


斎藤美奈子(さいとうみなこ)
1956年新潟県生まれ。成城大学経済学部卒業。文芸評論家。児童書科学啓蒙書等の編集者を経て94年「妊娠小説(筑摩書 房)」でデビュー。2002年「文章読本さん江(筑摩書房)」で第1回小林秀雄賞受賞。主な著書に「文壇アイドル論(文芸春秋)」「趣味は読書(筑摩書房)」など多数。

詳細・ネット申し込みはこちらからどうぞ。

2007年4月 8日 (日)

4月の催し物 オリジナルバック制作教室

4月14日(土)オリジナルバッグ制作教室
14:00~

お申し込み受付中
キャンパスバッグに楽しく虫の絵を描き、
あなただけのオリジナルバッグを作りましょう!
必要な用具は全てセットされていますので、誰でも簡単に作成できます。

参加費用/用具一式代金込み 2,000円
Bugbag1                                                    

                                                         

                                                                   

※出来上がり一例。バッグの形等一部変更になる場合もあります。

お問合せは、お申し込みはnpo-fabre-02@nikkonkyo.org
またはTel:03-5815-6464/Fax:03-5815-8968まで。

2007年4月 6日 (金)

虫の詩人の館 売店Topics

幼虫チョコ 

販売は終了いたしました。

お買い上げくださったお客様、

まことにありがとうございました。

Img_1901_1

Img_1904

                                       

                             

                           

                        

                                     

開館一周年記念として販売していました、幼虫チョコレートを

好評につき継続して販売することに致しました。

毎回、入荷即完売で3月31日の王様のブランチでも紹介され、

来館者様から御好評を頂いております。

当館へ起こしの際には、昆虫館ならではのお土産として

どうぞ!

尚、毎回限定個数しか入荷していませんので、

売り切れの際にはご容赦くださいませ。      TAIKI

2007年4月 2日 (月)

4月の催し物 昆虫標本制作教室

昆虫標本制作教室のご案内

初心者向け昆虫標本入門教室実施要項
主催 日本昆虫協会
   日本アンリ・ファーブル会
小学生以上/先着順 定員10名
      お申し込み多数の場合は小学生を優先します。
開催日/
第10回:4月29日(日)お申し込み受付中です。

   時 間/13:30~ (開場は13:00、終了時間は途中休憩を含み16:00前後です。)
お申し込み・お問い合わせ

       日本アンリ・ファーブル会

       電話 : 03‐5815‐6464

       FAX:03-5815-8968

      又は日本昆虫協会HPまで

内 容/蝶と甲虫を材料に、昆虫標本の知識と作り方を学びます。
    初心者向けです。
※自分の昆虫を持ってきて、標本を作ることもできます。

こちらも参考にしてください第4回の様子。


会 費/5.000円
    昆虫(蝶と甲虫)、標本製作器具一式 木製標本箱(小形)付き
    当日会場でお支払い下さい。全て持ち帰れます。
場 所/虫の詩人の館 3階集会室

締 切/4月28日(土)までにお申し込み下さい。
    先着順です。定員に達した場合はその旨のメールをお送りします。
    今後も何度か実施予定です。  

完訳 ファーブル昆虫記 第4巻 下 Book 完訳 ファーブル昆虫記 第4巻 下

著者:ジャン=アンリ・ファーブル
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

        

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »