« 五月の催し物 昆虫標本制作教室 | トップページ | 6月の催し物 特別講演 »

2007年5月 4日 (金)

五月の催し物 特別講演

土日学級/特別講演のご案内

5月12日(土)
「人は生き物を飼いたがる」
木村 義志
人はなぜ生き物を飼いたがるのでしょう。有益性だけでは説明がつかないことも。
家畜の歴史や昨今のペット事情から人と生き物のつながりを考えます。

5月19日(土)
「昆虫記の世界」
奥本 大三郎
ファーブル昆虫記の完訳に取り組むファーブル研究の第一人者が
新しい情報を交えて虫の詩人ファーブルの世界を案内します。

5月26日(土)
「読書はコミュニケーション」
斎藤 美奈子
「最近の本ってどうよ」なんてことを思っている方にオススメ。
笑えて鋭い書評で人気の講師が、楽しい本との付き合い方を紹介します。

講師略歴

奥本大三郎
(おくもとだいさぶろう)
1944年大阪府生まれ。東京大学大学院修了。フランス文学者。埼玉大学教養学部教授。日本昆虫協会会長。NPO日本アンリ・ファーブル会理事長。虫の詩人の館館長。著書に「完訳ファーブル昆虫記(集英社産経児童出版文化賞受賞)」「楽しき熱帯(集英社、サントリー学芸賞受賞)」「虫の宇宙誌(青土社、読売文学賞受賞)」「博物学の巨人アンリ・ファーブル(集英社)」など多数。


木村義志(きむらよしゆき)
1955年大阪府生まれ。日本大学農獣医学部卒業。生物飼育研究家。日本昆虫協会理事。著書に「生き物を飼うということ(筑摩書房)」「飼い 方観察完全ガイド・全8巻(学研)」「金魚がウチにやってきた (岩波書店)」「飼育と観察(学研)」「熱帯魚と水草(主婦の友 社)」など多数。


斎藤美奈子(さいとうみなこ)
1956年新潟県生まれ。成城大学経済学部卒業。文芸評論家。児童書科学啓蒙書等の編集者を経て94年「妊娠小説(筑摩書 房)」でデビュー。2002年「文章読本さん江(筑摩書房)」で第1回小林秀雄賞受賞。主な著書に「文壇アイドル論(文芸春秋)」「趣味は読書(筑摩書房)」など多数。日本昆虫協会理事。

内 容/講演会

対 象/一般
      先着順 定員30名

時 間/14:00~16:00

会 費/2.000円

<場所>
虫の詩人の館/3階集会室
東京都文京区千駄木5-46-6

<お申し込み方法>

ネットお申し込み

 (昆虫協会HPの申し込みフォームが開きます)

Faxお申し込み 03-5815-8968

満員の場合はご連絡します。


※お預かりした個人情報は、本行事の連絡管理以外には使用しません。
申込フォームの証明書の警告について

虫の宇宙誌 生き物を飼うということ 文章読本さん江  

« 五月の催し物 昆虫標本制作教室 | トップページ | 6月の催し物 特別講演 »