« 新ファーブル検定トライアルコース | トップページ | 8月の催し物・奥本大三郎 長期取材帰国報告会 »

2007年7月29日 (日)

この夏、朽木割り採集を体験してみよう!

Img_2387_1

                                               

                                              

                                              

                                              

 

                                                                                                                                                                            

親子で挑戦!朽木割り採集!

ご公表をいただき、朽木は完売いたしました。

ありがとうございました。

料金  朽木・一本につき1000円 

朽木から出てきた昆虫はすべて持ち帰りOK

何も取れなかった場合は、昆虫一頭プレゼント(ノコギリクワガタやカブトムシなど。種類と数に限りがございます。)

開催場所 ファーブル昆虫館・虫の詩人の館

開催日 8月中・開館日の14時から受付開始

ホダ木がなくなり次第終了いたします。数に限りがございますので品切れの際はご容赦くださいませ。                                                 

朽木割り採集とは、朽ちた木(倒木や立ち枯れした木)をナタなどの道具を使い木を割り、朽ち木の中にいる様々な昆虫の幼虫や成虫を採集する方法です。今回、朽木割り採集に使用する朽木は、福島県のシイタケ栽培農家で使い終わったホダ木を提供していただいたものです。

Img_2391_4                                                            

                                                           

それでは早速、朽木割り採集をやってみたいと思います。まず、天に運をまかせて、自分がコレッと思うものを一本選びます。

                                                               

Img_2393_1

 

こちらが今回使用する道具です。ナタでは危険ですのでマイナスドライバーとカナヅチを使います。それでも、もちろん怪我をしないように注意は必要です。

Img_2395_1

                                                 

                                                                                

                                                 

                                                     

                                                                        

   

木にドライバーをあてカナヅチでドライバーの末端を叩きます。Img_2400_1 Img_2404

                            

                               

                             

                            

                                       

すると木に割れ目ができ、手でカンタンにを割ることができます。

Img_2379

                                                                      

                                                                        

これを繰り返しながら昆虫を探します。いつ何が出てくるかわからないまるで宝探しのようなワクワクドキドキした気分が楽しめます。

Img_2384_1 Img_2386                                                      

                                                     

                                             

                                           

                                                        

運がよければこのようにさなぎや成虫などが出てきます。ざんねながら今回、幼虫は見つかりませんでした。ハズレで何もいないときもありますが、捕虫網を振る昆虫採集とは一味違った採集方法が体験できますので、この夏ぜひ皆様が奮ってご参加いただけたらと思います。

taiki

« 新ファーブル検定トライアルコース | トップページ | 8月の催し物・奥本大三郎 長期取材帰国報告会 »